転職活動

看護師が転職を考える時~結婚・出産~

投稿日:

救急外来や急性期の病棟など重症患者さんを日々受け持っている看護師は、結婚を機に退職や転職を視野に入れいている人は多いと思います。
家庭を持つことは、家庭での役割も増え、あまりにも忙しい職場で仕事を続けることに限界を感じます。

病院の規模や忙しさに関係なく、もっと家族との時間を大切にしたいと、転職を考える大きなポイントとなる時期です。

先輩看護師の働き方を参考に、自分らしく働ける環境つくりましょう。

■結婚・出産後も転職せず働き続ける

結婚、出産後も変わらず働き続けている多くの人は、入職した時から結婚、出産後も同じ職場で看護師を続けていこうと考えていた人だと思います。

そういった病院は、出産後の待遇も良く、結婚相手も看護師を続けていくことに対して理解がある病院、施設なのだと思います。

出産後も育児休暇を取り、当たり前に職場に復帰しますし中には2年とれる育児休暇を早めに終えて、数か月から1年で復帰する人もいます。

「仕事が好きでたまらない」、早く職場復帰したい人達です。

本人が仕事が好きなことに加え、そうした職場は、子供の看護休暇や職場の同僚の理解があり、子供がいる看護師へのサポートが整っている場合が多いようです。

■結婚したら家族との時間を優先したい

結婚後は家事、育児など、家族との時間を優先したいと考えている人は、退職や転職時期に悩むことも多いと思います。

仕事を続けるか辞めるかのポイントは、経済的な事情の他、夫の意向や周囲の環境によるところが多いといえます。

自分は仕事を続けたいと思っても、夫が家庭に入ってほしいタイプの人であったり、勤務している病院の環境や保育所、託児所の有無、同居もしくは近所に住んでいる両親が子供を見てくれるのかなど、結婚、出産によって変化する環境によっては、同じ職場で仕事を続けることが難しくなるかもしれません。

産休中の給与体制についても、結婚前に確認しておくと良いと思います。

■結婚後も変わらず働き続けるケースが多い?

今まで一緒に働いていた同僚は、遠方に引っ越してしまう場合を除いて、ほとんどが同じ職場で働き続けています。

出産に関しては、妊娠後期に退職し専業主婦になった後子供に手がかからなくなった時期に復帰する方と、産休・育休を利用して復帰した後に、下のお子さんが2~3歳になった頃に転職する方がいました。

専業主婦から復職した方は、家事や育児の橋上に合わせて夜勤のないシフトで日勤のみ可能な部署に移動したり、非常勤で同じ職場で仕事に復帰される方もいます。

■新しい職場より融通がきく今の職場で仕事を続ける

2人目のお子さんの妊娠を希望している場合、出産や育児とった女性特有の家庭環境の変化に理解が乏しい職場ではない限り、慣れた環境で仕事を続けることができるほうが、理解を得られやすいと考える方が多いためだと思います。

妊娠を機に退職すると言っていたスタッフも、辞めずに働き続けるケースも多いです。

出産後のことはわからないので、その時になって考えるという人も多いと思います。

■結婚してすぐに妊娠がわかった場合は?

結婚してすぐに妊娠した場合は、新しい職場に転職することは現実的ではありません。
これから産休、育児休暇をとる予定の人を採用する職場はほとんどないですし、新しい職場に慣れるまでにストレスが溜まり、母子ともに良いことではありません。

結婚したすぐに妊娠した場合は転職は考えず、今の職場で仕事を続けていくことをお勧めします。

ただ、救急外来や急性期の病棟のようなハードな部署で働いている場合は、病院内で部署異動や時短勤務、夜勤免除などお願いしてみるといいでしょう。

■無理せず自分の身体を優先で。

妊娠は病気ではありませんが、看護師を続けながら妊娠期間を何事もなく過ごすことは難しいのが現実です。
まわりの同僚を見ても流産してしまったり、早産の危険にさらされていることがわかると思います。

周囲に気を使い過ぎて無理をしてしまうと自分の身体やお腹の赤ちゃんにはストレスがかかり取り返しのつかないことになりかねません。

大切な新しい命はあなたにしか守ることはできませんので、無理をすることなく自分の身体を第一優先で考えるようにしましょう。

-転職活動

Copyright© 看護Promise , 2017 AllRights Reserved.